失敗

(2020.06.18.)

また、失敗でした。

この、フレンチ・ドレッシングは、腐っていました。
2度も、腹痛を起こし、捨てました。
店で、新品でしたが、私が、賞味期限を確認しなかった
ためです。腹痛の後、確認したら、賞味期限を印刷して
いませんでした。ドイツ製でした。

モンゴルでは、商品を、卸商から、販売店が、現金で買
うので、売れ残りは、店の損害になるのです。だから、
腐っていても、売り切れるまで、店頭に置くのです。
電気製品は、客の買ったものその場で、通電、テストを
「必ず」実行します。不良品は、返品ができません。
「買った客が悪い。自分は常に正しい」の立場を主張します。
日本や、欧米の、「消費者保護条例」はありまません。

ミルクも、豆腐も、ハムも、卵も、ヨーグルトも、
私は、一週間に一度の頻度で、腹痛を繰り返しています。

今後は、とにかく、食品は、「買うときと、料理の時に注意」です。
fuhaishiteita.jpg

モンゴルの。新型コロナウイルスは、今日現在、市中感染、
死亡者とも、ゼロのままです。6月30日まで、「警戒」が
延長されています。子どもたちは、テレビ授業を受けてい
ますが、自宅では、遊びが主体ですから、教育程度が低下
するのは、当然です。

さて、私は、昔の友人、4-5名が、スエーデンで、住んでい
ます。全員、年金暮らしです。週一回程度、SNSで話を
していますが、コロナ感染者が、5万人以上、死者5千人以上、
「自己責任方式」で、他の先進国のような、厳しい制限を
していません。80歳以上で、持病のある老人は、感染が分
かっても、「入院不可、自宅で療養」なのです。
だから、死者の7割が、70歳以上です。日本では、年齢で
入院不可の判断はしません。私も青春時代、3回、計7ヶ月間
も暮らしました。社会保障が完備している、日本人が憧れる
、人口約1,000万の「理想の国」ですが、消費税25%、所得
税は、累進課税で、日本の約2倍です。ただ、良い点は、
貯金、預金がなくとも、安心できる国ですが、不都合な面
もあるのです。

モンゴルですか? ここでは、貧乏人は、「ごみ扱い」
です。半数のモンゴル人は、まだ、不十分な食事の、一日
2回です。

この頃は、気温が30度Cの日もありますが、砂塵が舞う
ときは、窓を解放できなく、息苦しいです。ただ、日本
の高温多湿の梅雨と比べたら、「最高」です。
乾燥しているので、日陰は、涼しいのです。



この記事へのコメント