子どもの声

(2019.08.29.) 多い、子どもの声。 写真は、最近設置した、わが団地の、小さな公園です。 中国製の、プラスチックの、遊具です。モンゴルで多くなりました。 うれしいことです。 モンゴルでは、「どこでも、いつでも、子どもの声が聞こえる」です。 とても、多いのです。発展途上国では、子どもが多いのはうれしい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行商人

(2019.08.18.) 自家製の、売り歩きです。 首都(UB)では、周辺の放牧民の、自家製の、 牛乳、ヤギのミルク、馬乳酒、ヨーグルトなどを、 手押し車に乗せて、販売をしている人が多いです。 我が団地にも、数名が、毎日やってきます。 私の家では、買いません。理由は、「殺菌などを していなく、生もの」だからで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多い看板

(2019.08.10.) UB市内で、多く目につく看板です。 これらを、見ていると、社会構造がわかります。 A :公証人役場 B :質屋(車を抵当にれるのもあります) 車の修理の看板です。「当店の修理工は、べトナム人です。」 社会主義時代に、同じソ連圏のベトナムから、多くの出稼ぎ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さっぱりだめ

(2019.08.03.) さっぱり、実行していません。 モンゴルで、3月から、行政指導ではじめた、 「買い物品を入れる、パレスチック・バッグの全廃」 は、以前と同じ状態に戻っています。 やはり、難しいのですね。日本でも、難しいのに、まして、 製紙工場もない、モンゴルでは、代替品がないのです。 私は、自分で縫っ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more