きれいになりました

(2019.06.20.)

郵便局が、きれいになりました。

Nayanzurkh区(人口約25万人)の、郵便局が
とても、きれいになりました。

首都では、区に、支部ができ、さらに、出張所の
ような、郵便業務が出来ています。
でも、他国のような、「各家庭に配る」システム
は、ありません。

以前は、さながら、「家畜小屋」のようでした。

内装後の、この郵便局には、
私書箱が、600以上あります。私書箱は有料です。
モンゴルは、世界でも珍しい、「宅配
なし」です。人々は、取りに来るのです。
ま、暇ですねえ。
モンゴルでは、郵便も、新聞も、宅配はありません。
金を払えば、新聞は、特別に宅配してくれます。
でも、数日間分を、まとめて「一括宅配」が多いです。

外国人には、さながら、「時間が、止まっている」ようです。

日本の、明治時代のようです。

画像


画像


この郵便局の隣の公園には、第二次世界大戦で
活躍した、ソ連軍の総司令官だった、ジーコフ
将軍の像が設置されています。
ロシアの大統領や、首相が、モンゴルを訪問
するときは、必ず、花束持参で、やってきます。

画像


日本に、マッカーサー将軍の、像が、主要都市に
ありますかねえ???

モンゴルの夏は、砂塵がなければ、快適です。
空気が乾燥しているので、気温が30度Cでも、
日陰では、汗をかくことはありません。
直射日光をあびれば、高原なので、紫外線がきつく、
とても暑く、肌が焼けるようです。

種類販売禁止日
モンゴルでは、法律で、「毎月の初日は、酒類
販売禁止日」です。
店では、布類で、その棚にカバーをしています。

昔、私が、アルゼンチンにいたとき、「肉のない日」
がありましたが、「酒類禁止日」は、なかなか、
良い法律です。
この国でも、昼間から、酔っぱらいは、屋外で
寝ています。
私は、昔も、今も、全然、飲酒しません。
喫煙もしません。30年前に、アルコール性
の、「心臓肥大」で苦しみました。
その後、「禁酒」を続けています。