卒業式

(2019.05.16.)

今日は、首都圏の公立高校の卒業式です。

私は、近所のBZ区、#44学校に見学に行きました。
09:00開始だったのが、09:50頃に、「人が集まったから、
そろそろ、はじめようか?」
毎回、同じです。

でも、日本の、「おごさかな式」と違って、歌や、踊りが披露されて、
まことににぎやかです。私は、「モンゴル方式」を気に入っております。

校門前には、担任に上げる、花や、ぬいぐるみの、出店が
出現しています。一日2食が主流の家庭には、大きな負担です。
自分用や、級友に上げるのもあるそうですが。

この学校は、生徒数、約3,600人で、今日は高3年生の
卒業式です。
モンゴルでは、高校も、大学も、「卒業、即、就職」は、夢物語
です。厳しい国です。

他の生徒は、6月10日ころまで、続きます。
そろそろ、期末試験が始まります。
モンゴルの小中高校は、4学期制です。
9月が1学期で、4月が4学期目です。

画像


画像


在校中に、もらったメダルを、全部、身に着けて飾っています。
優秀な、3人が、表彰を受けました。

画像


画像


学校の校庭(運動場)ですが、他の学校と比べて、見劣りが
します。有力な政治家がいないと、予算の獲得が難しいのです。
しかも、社会主義時代から、この場所なので、周囲に建物が
できたこともあり、どうにもなりません。
日本の面積の4,2倍で、人口320万人で、広大な土地が
あるが、社会基盤は、まことに、貧弱です。
日本のODAの、無償支援として、5階建ての校舎もありますが、
新入生が、毎年、500人以上なので、1クラス55人でも、教室不足
なのです。
政府は、全く、対応できていません。
独立以来100年、まだ、自立には程遠いのです。

画像


卒業式の様子の動画です。