よい冬休みでした

(2019.02.17.)

11歳の娘にとって、楽しい冬休みでした。

画像


Okunoshima rabbit island in Japan. Near Hiroshima.
モンゴルの子どもが、この島に来るのはめずらしいですね。

私ども3人は、1月19日から、2月3日まで、
関西、中国、九州を旅行しました。

日本は、街がきれい、風景がきれい、人もきれい(正直の意味=
商品を店の外に出したまま、店員は店内にいても、盗まれない)、
空気がきれい、安心して旅ができました。

16日間で、交通の、車のクラクションを、一度も聞こえなかった、
「恐ろしい国」でした。

モンゴル人の妻と、娘にとっては、「夢の時間&国」でした。
その一コマのうち、この動画は、広島から、JR呉線に
のって、約2時間、JR忠海駅で下車、フエリボートで、約20分で、
無人島の、小さな島、「大久野島」につきます。

約800羽前後の、野生のウサギがいて、今では、外国人に
有名な観光地になっています。年間、37万人が訪れるそうです。
行く人は、遠くから、キャベツを、2玉ぐらい持参を進めます。
忠海には、キャベツの玉は売っていません。

子どもが、喜ぶ、楽しいひと時でした。
不思議なことに、大勢の、老人クラブの団体も来ていましたがね。

こんさいの、野菜を売っています。小さな一袋500円です。

この動画は、長崎の「ハウステンボス」です。
夢のよう。

九州では、ほかに、別府のサル山、大分の、「アフリカ・サハリパーク」も行きました。
モンゴルでは、体験は不可能です。