がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS モンゴルに帰りました

<<   作成日時 : 2019/02/05 00:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2019.02.04.)

私どもは、昨日、日本旅行から、モンゴルに帰りました。

久しぶりの日本の印象は、「きれい」でした。
人も、建物も、交通も、道路も、「全て」がきれいでした。
靴も、全然、汚れませんでした。

下の写真は、大阪の天王寺駅近くです。
通行人が、大勢通る歩道面に、商品が並べられています。
店の人は、だれも、いないのです。
日本では、おなじみの風景ですね。
日本人は、「人は本質的に、性善説」なのです。

明治時代の、日本の貧しい生活を体験した欧米人は、
「貧しいが、人々は、規律を守る、Clean な、人々だ」と、
当時の欧米でも、日本人は、尊敬されていたのです。
英語の、Clean は、幅広い意味があります。


外国では、「性悪説」です。「人の本質は、本来、悪い」です。

モンゴルで、このように、歩道に面する場所に、店員不在で、
商品を並べたら、数時間で、ずべて、盗めれるでしょう。
日本では、ありふれた、「無人野菜販売所」などは、外国では、
想像不可能です。

画像


16日間の、楽しい旅行も終わりました。
11歳の娘は、宝塚歌劇、奈良公園の鹿、海遊館、
宮島、大久野島(ウサギの島)、高崎山のサル、大分サハリパーク、
ハウステンボスなどのほか、100円ショップや、ドン・キホーテ
などでの買い物を、十分楽しみました。

日本で、何よりもびっくり仰天したのは、16日間、車の
クラクションを、一度も、聞こえなかったことです。
モンゴルは、空港着後に、いきなり、車のクラクションです。

日本のバスは、横断歩道の場所では、歩行者がいなくとも、
「一時停止、確認」します。
モンゴルでは、ありえません。

娘と妻の、「夢の時間&夢の国」は、終わりました。
私は、疲れました。
11歳の娘にとって、「素晴らしい冬休み」になりました。
娘は、
日本には、3回目、アメリカに1回、旅行しています。

ま、よかったですね。
日本滞在中の、食費は、一日平均、200,000Tgs
(約8,000円)でした。
16日間なので、大変な出費でした。

さて、ここは、モンゴルです。
モンゴルの現実の、ばい煙、砂塵、汚い、騒音、貧困、など、
これからは、再び、私どもの、「日常」になります。

モンゴルでは、明日から、「旧正月=春節」です。
中国でも、明日からのようです。

今日の最高気温は、零下22度C,最低は零下34度C.
明日の最高気温は、零下24度C,最低は零下30度C.
風が吹けば、体感温度は、零下40度Cにもなり、いやはや、
目の玉も、凍りそうです。
当分j、厳寒が続きます。

月別リンク

モンゴルに帰りました がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる