がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS 今季最悪の煙

<<   作成日時 : 2018/12/16 19:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2018.12.16.)


今朝の煙は、最悪でした。

わずか、200−300M先は、「暗闇」でしたが、午後
2−−3時ころに、風が出て、ようやく、煙がなくなりました。

風のない時間は、例えば、夕方から、石炭煙の臭いが、充満
します。 我が家は、高台にあり、しかも、9階なので、窓を閉めて、
空気清浄機を稼働すれば、外に出なければ、問題ありません。

このような、ばい煙の中で生活している子どもたちには、呼吸器
関係の病気が多いのです。

「なんとかしてよ、モンゴル政府」ですが、政府にはその財源と
技術がありません。「打つ手なし、対応策なし」です。

画像


画像


それにしても、雪が降りません。
UBでは、積雪がゼロCMです。
初夏に育つ草が、水不足で、心配ですねえ。
モンゴルでも、昔には、「地下5Mni,永久凍土」がありましたが、
最近は、さらに、下のほうになっております。
「地球温暖化」は、放牧民にも、悪い影響が出ています。

モンゴルの生活は、不便が多いのです。
私が、現在、最も希望しているのは、「郵便の宅配開始」です。
世界でも、珍しい、「宅配なし。郵便局にて受け取り方式」は、実に
不便なのです。 日本では、150年前にこの公共サービスを始めたのですが、
モンゴルでは、21世紀の現在も、「宅配なし。街角の、郵便ポストなし」
の状況です。 国に体をなしていませんね。

月別リンク

今季最悪の煙 がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる