がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS ついに零下30度C

<<   作成日時 : 2018/11/29 00:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2018.11.28.)


来週から、ついに、零下30度Cです。

冬本番が、1月末まで続きます。 自宅内では、上半身
裸でも、暑いのですが、外に出ると、額が、目が、凍結しそうです。

ゆっくり、コーヒーを飲みながら、読書中です。
予約なしの、来訪者には、玄関を開けません。

画像


我が家の窓際では、朝顔の花が咲き始めました。
10輪ほど、一気に咲く朝もあります。
朝顔は、「夏の花」です。

画像


画像


11歳の娘の、下校時に、バス停まで、迎えに行きます。
バス停は、自宅から500M, 学校前にバス停があり、そこは、
大勢がいて安全ですが、バスを下車して、自宅までが、危険
なので、「授業が終わって、今からバスで帰る」の電話で、私が
迎えに行くのです。
学校のバス停から、自宅近くのバス停まで、約1.5KM, バスで
数分の距離です。

娘の授業は、午後1:30時から、夜7:00時までですが、昨夜など、
放課後に、強制的な、モンゴル舞踊の練習があって、9時ころ
バス停に帰ってきました。
日本のように、全生徒が、午後に下校は、ここでは、ありません。

画像


日の出は8時、日没は5じです。まだ、まだ、日照時間が
短くなります。8時からの授業の、新一年生には、厳しい季節です。
モンゴルも、働き方改革で、数年前から、役所は朝8時から
始業するようになりました。
学校の先生も、職場では、携帯電話の電源をOFFにするように
命令されています。「職務に専念すべし」になったのです。
仕事中に、地方にいる親からの電話も、ダメになったのです。
モンゴルも、少しづつ、「国際基準」に近づいております。
規律を守れない国には、外国資本も入ってきません。

まともに仕事をして、まともな国にしなければ、若者が仕事を
求めて、外国に行くのです。
モンゴルでは、まだ、まだ、「社会正義」より、「一族正義=
社会の利益=公益より、一族の利益を優先させる」ので、地域社会
などの、発展が遅れています。

若者の失業者が多い国は、まともな政治をしていません。
失業者が多い国では、犯罪も多くなります。


月別リンク

ついに零下30度C がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる