がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS Book(Steve Jobs)

<<   作成日時 : 2018/01/20 21:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2018.1.20.)


今日は、Shangri La Mall で、単行本を買いました。

Mallは、日本大使館の、100M右向かいで、国立遊園地の
隣です。「子ども宮殿」の近くです。

以前から、欲しいと思っていましたが、子ども二人を
連れて、Mallで、無料の人形劇を見学のためでした。

劇のあと、Mall(1−3階)は、とても広く、とても、
「ここが、モンゴルか?」でした。

世界の主要都市の、きれいな、高価な品を売る店が、
たくさん入居していて、無料のトイレも、日本のデパートと
同じで、清潔でした。

本屋で、Appleの創業者の、
「Steve Jobs」についている本を買いました。
英文で、14,000Tgs(650円)で、627ページです。

私は、彼の、2005年の、Stanford大学の卒業式のSpeech
当時に、You Tubeから録画して、何回も聞きました。
感動した、Speechでした。

15分間のスピーチの最後は、
Stay Hungry. Stay Foolish..
で終わっています。
意味が、分かりますか?
生まれる前から、壮絶人生の、体験者です。
体験者の話は、説得力があります。
体験のない、学者の話や、所属組織を背景した、
「あたかも、自分の能力と勘違いしている人などの話は、
聞いていて眠くなります。
また、他人の足跡だけを歩く人の話も、つまらなくなります。

恥ずかしながら、私のブログも、参考にしてください。

今回は、その時のテキストも、印刷して、この本とともに、
ゆっくり、味わいたく思います。
もちろん、英語の勉強にもなります。

本の冒頭に、「奇抜な考えを持ち、かつ、それを実行した者だけが、
世界を変えることができる」の言葉があります。

たえず、「他人の後を、ついて歩く」では、人生は面白くなく、
感動することも少なく、「冒険をしてみる」ことが、豊かな人生に
なるのです。

画像


彼は、すい臓がんで、2011年、56歳の若さで死去しました。
若いころは、「将来は、ソニーのような会社を作りたい」は、現在、
時価総額が、なんと、100兆円以上で、ソニーの約20倍です。

シリア人留学生と、アメリカ人女性の母は、当時、大学院生で、
彼は、生まれる前から、「ジョブ家」に、養子縁組が決定されていたのです。

貧しい家庭に引き取られたジョブは、夢を追求して、ついに、世界的な
革新的な、実業家になったのです。
私どもは、彼の生きざまから、多くを学ぶことができますね。

明日から、10日間ほど、夜間は零下35度C、
日中は、零下25度Cになるそうです。
一年で、一番寒い季節です。
煤煙は、相変わらず、多いです。


月別リンク

Book(Steve Jobs) がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる