がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬たけなわ

<<   作成日時 : 2018/01/19 19:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2018.1.19.)


モンゴルは、「冬たけなわ」です。

写真と、ビデオは、私が住んでいる、「材木市場」
です。石炭と薪を、袋に詰めて売っています。

石炭&薪、一袋、約150円です。
普通の家族、ゲル地区で24時間使う量です。
一ヶ月間にすると、安月給では、その半分以上が、
暖房費に支出します。

だから、家族は、冬は、まともに食事ができないのです。

2トントラックの石炭は、約1万円です。
袋詰めにすれば、少し、利益が出るため、仕事の
ない人は、2トンを買って、袋に詰めて売っています。

現在、日中は、零下15度C,夜は25度C前後です。
比較的、温かい冬ですが、戸建てや、ゲルでは、中に人が
いれば、「24時間暖房」が必要です。

我が家では、私は、上半身、裸で過ごしています。
「暑い」のです。だから、日に2回もシャワーを浴びています。

画像


画像


2トントラックは、自分の所有で、UBの東50KMの,手掘りに
出かけて、買ってきて、首都で、買い手ができるまで、
何日でも、路肩で、「じっと。我慢して待つ」のです。

動画はこちら

外国に行けば、自分の国のことが、よくわかるのです。
私は、これまでに訪問した国は、93ヶ国です。

だから、世界の、さまざまなことを体験しました。
国は、国土と、人口が大きいだけでは、その国の
人々は、安心して、生活できません。

国家の定義の、「統治している国土がある。独自の文化がある。
独自の言語を共有している」の、3条件は、前世紀までで、
21世紀の現在は、3条件プラス、「人々が安心して暮らせる」
が、「国家の条件」でしょう。

政府は、自立できて、4条件を認識すべきでしょう。

月別リンク

冬たけなわ がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる