がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人会の集い

<<   作成日時 : 2017/12/03 14:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2017.12.3.)


昨日は、在モンゴル、日本人会の集いです。

「臨時総会&忘年会」でした。
約270人の会員のうち、200人弱が参加しました。

場所の、「ソウル・レストラン」は、子ども宮殿と、国立
遊園地の間にあって、安倍首相も訪れています。
飲み物は、別途支払いでした。
市販の60円の缶ジュースが、なんと、300円です。
「高級レストラン」で、有名人、政府要因、外交官などが利用します。

在モンゴルの日本人は、超短期合わせ、おそらく800人です。
会には、多くのモンゴル人も参加しています。
そのほとんどは、留学などの、日本滞在経験者です。
だから、クローク、受付、参加料支払い、食事、Bingo Game
の賞品受け取りなど、など、「静かに、整然と列に並ぶ」ので、
私も、「ほっとして、At Home 気分」になります。

写真は、日本大使の挨拶です。

画像


私も、たくさん食べました。
歳も取りました。
「青春を駆け抜けた」思いですねえ。

画像


会場の雰囲気の動画です。

日本サッカー協会から、昨年、モンゴルに派遣された男性が、
壇上で挨拶して、「秋に、アジアU18の予選で、モンゴルは日本に
7対ゼロで負けた。モンゴルのチームは、組織プレーができない」
との批評を述べていました。

「組織とは、人間社会の相互コムにケーションを密にする」ですから、
まず、「挨拶をする。列に並ぶ。他人を尊重するなど、規律を守る」
です。
モンゴルの放牧文化では、非常に難しい課題です。

現在、ウランバートル(UB)では、日中でも零下15度Cです。
降雪は、踏み固まると、「氷」そのものです。
人が滑り、車が滑り、冬は、「事故多発」で、モンゴルに来る人は、
注意してください。
写真は、役所の「道路清掃隊」で、失業対策にもなっています。

画像


降雪直後に、清掃した歩道は、歩く人も安心です。
空は晴れていても、午後4時には、零下20度Cまで下がり、
風が吹いていると、とても寒く感じられます。

画像


さて、今日は、日曜日。NHK BS プレミアでは、恒例の、
ラグビーの、「早明戦」を放映しています。
父分宮ラグビー場は、観客で満員です。

モンゴルでは、高校も、大学も、日本のような、数万人の
観客が応援や、見物る行事はありません。
選手たちは、社会人になって、規律ある生活に参加できるのです。

モンゴルでは、難しいですねえ。モンゴルでは、一般教養課程
もなく、「大学では、英文学」は、貧弱な教科書だけで4年間
勉強します。
だから、語学過程では、欧米文学の原書を読む、化学や、
国語の必修はありません。

私は、アメリカの大学だったので、専攻は「科学」でしたが、
最初の2年間は、「必修科目=数学、欧米文学、デベート、
経済、歴史など、」は、全学生の必修でした。
必修を終えて、語学や、化学など、専門課程に進めたのです。
だから、大学を卒業したら、「最低レベルの常識」が身につくように
なっているのです。

モンゴルでは、「専門以外無知でOK」の、国の統治者=
全体主義」に、都合の良い教育です。

わが娘が子ども宮殿で、日本語と、英語の塾に通っています。
教科書は、10ページのB5の、不鮮明なコピーだけです。
モンゴルの学校も、参考書など、とても、貧弱です。
まして、クラブ活動や、同好会の活動は、「ゼロに近い」です。

先進国には、
まだ、まだ、先が長いですねえ。

さて、モンゴルは再び、「金欠症状」です。
「借金を返すために、更に金を借りる」、「自転車操業」が
続いています。
この秋に、IMFに懇請しましたが、良い返事がないため、
モンゴルは外相を北京に派遣して、「資金援助」を、
相談したようですね。

中国側は、民間銀行も含め、簡単に高利子で、モンゴルに
金を貸します。
モンゴルは、「サラ金地獄・蟻地獄」に入っています。

しかし、返す時は、モンゴルの国益も、中国側にとられる
恐れがあります。

スリランカの前例があります。中国は、警察権も求めているそうです。

日本のモンゴルに対する、貸付は
年率、わずか、0.8%です。


上記の、中国がスリランカの港構築資金援助の、貸付は年率、日本の
10倍の、なんと、8%ですからねえ。
中国は、「今、金が欲しい国」を、自分に引き込んでいます。

スリランカは、大金の借金の毎年の、利子も払えなくなっています。
すぐ、金を借りる国も、どうかしているよ。

月別リンク

日本人会の集い がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる