がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の準備

<<   作成日時 : 2017/11/04 17:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2017.11.4.)


工事は、停止中です。

写真の、建設中のアパートは、我が家が入居している
隣です。10月から、「セメントを使う工事は停止」しています。

昨年は、11月からでしたが、今年は10月からでしょう。
行政指導らしいです。

理由は、水分を含んだセメントが、完全乾燥の前に
凍結すれば、乾燥後に、「砂状態=ボロボロ」に
なるからです。

一昨年前までは、行政の指導がなく、春になって、
セメントが、「砂状態」で、不良工事が大問題でした。

室内の、セメントを使わない工事は、続行しています。
今年のように、暖かい気温では、室内工事は楽でしょう。

画像


モンゴルにも、北朝鮮から建設作業員が、大勢(1,500人?)来て
いますが、国連の制裁で、来年から来られなくなりました。

さて、
現在、日本の神奈川県座間市での、「自殺希望者9人の殺害」は、
大変なニュースですね。
モンゴルでは、おそらく、無いかもしれません。

モンゴルは、「一族社会」なので、悪い行為は、一族の運命も
左右します。いわば、「連帯責任」が生じるようなことになります。

日本のような、「核家族=社会」では、孤立る、孤独な人が
多く、凄惨な結果の事件が起きるのです。
相談する相手が、日本では少ないから、家族の中でも、孤独な
人が多いのです。

家族みんなが、一室で、寝起き、生活すれば、「孤独や、
引きこもり」は起きません。
日本の昔、私が子どもの時の、我が家も、そのようでした。
貧しかったが、「家族皆で、笑顔で暮らす」でした。

モンゴルの、「一族社会」は、孤独を防ぐ役割があります。
放牧文化は、良い点もあるのですね。

来週から、夜間の気温が零下10度C前後になります。

月別リンク

冬の準備 がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる