がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンダン寺

<<   作成日時 : 2018/05/31 21:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2018.5.31.)

ガンダン寺に、20年ぶりに行きました。

日本の、古い寺と比べたら、建物は小さいです。

私の自宅から、西に約20KMです。
観光客も、モンゴル人も、一度は訪れる場所です。
自転車で行ったので、炎天下で暑かったです。

前回は、中でお経を読んでいる僧たちも見ましたが、
今日は、外側だけでした。

寺は、「チベット・ラマ教(仏教)」の、モンゴルの総本山です。
ロシア革命の影響で、モンゴルは、ソビエトの「属国」
のようになり、1928年頃には、人口が80万人程度で、
主教弾圧のため、4万人ほどが処刑されたのです。

だから、歴史のある物は、ほとんど破壊され、残っていません。
隣の中国も、同じです。
社会主義革命と言う、幻想で、為政者たちは、文化価値が
理解不能だったのです。
「前の時代を、全否定」は、文化遺産を含んでは、いけません。

画像


画像


画像


動画です。

今日も、暑かったです。
30度以上になりました。
体感気温は、38度でした。高原(1,200M )と、半砂漠の
乾燥のため、直射日光が、強烈なのです。
日陰は、しのぎ安いですが、太陽光線が当たる場所は、
素肌が焼けるようです。
モンゴルは、夏と冬の温度差が、
80度C以上もあるのです。人間の自然の適応力は、凄いですね。
降雨がありません。放牧地にも、まだ、恵みの雨がありません。
一雨あれば、1−2日で、緑に変色しますが。

日の出は、5:30時、日没は夜9時ころで、
北国の、一番良い季節です。
ただ、モンゴルの場合、砂塵が吹けば、暑いのに、
窓を開けることが出来なく、どうにもならないのです。




月別リンク

ガンダン寺 がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる