がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS 春一番(砂塵)

<<   作成日時 : 2018/03/31 18:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2018.3.31.)


今季、一番の、「本格的な砂塵」です。

首都の砂塵は、「糞尿」だから、うっかり、吸い込むと
困るのです。
今日の砂塵は、本格的で、いよいよ、ゴビ砂漠の
影響が、もろに、モンゴルに押し寄せています。
今日の最高気温は、18度Cくらいで、夏のようです。

首都では、「煤煙の次は、砂塵」の季節到来です。
私は、フード付きの上着を身に着けて、外出します。

画像


画像


煤煙も、砂塵もない日は、このようの青空です。

画像


娘の血液検査の結果、「ヘリコバスター・ピロリ菌の存在が
疑われる」で、検便もすることになりました。
モンゴルの子どもに、特に、多いバクテリアです。
腸に住み着きます。
大人になって、がんの原因にもなるのです。

モンゴルは、生活環境がとても不潔なので、

この菌は、伝染するようです。

画像


日本のように、幼稚園や学校の廊下に、うがい、手洗いの
場所がないのです。
自宅だけ、清潔にしても、必ず外出するので、
国全体で取り組みが必要です。
モンゴルは、
学校も、遊び場も、病院も、店の中も、バスの
中も、とても汚いです。
「予防医学」が必要です、モンゴルでは、まだ、まだ、
多くの人々は、
「食べるだけ、生きるだけで、精いっぱい」なのです。

モンゴルの、
生活環境が、日本のように清潔になるためには、
まだ、100年以上かかりそうです。
まず、そのためには、「基礎教育」が確立されなければ
なりません。通りの交差点で、車をむちゃくちゃ
運転しているのを見ると、5−6歳の行動です。

PS:
現在、4月1日、朝10時です。
なんと、なんと、「砂嵐が始まった」です。
通常は、午後3時ころですが、この時間のスタートは
異常です。いやはや、モンゴルの砂塵は、大変です。
南のゴビ砂漠も含め、「黄砂」となって、日本にも
飛んでゆきます。

砂嵐は、大地が冷える、日没まで続きます。
大陸の自然環境は、とても厳しいのです。
満開の桜を見ながら、飲食や歌、踊りを楽しむ
民族とは、どうしても、人々の性格が違ってきます。

草食動物と、肉食動物の違いと同じでしょうねえ。

月別リンク

春一番(砂塵) がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる