がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS 昼食&歯医者

<<   作成日時 : 2017/09/07 17:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2017.9.7.)

昼食と、歯医者の紹介です。

写真は、勤め人が、昼食に選ぶ、一般的な
昼食です。 私も、ワーク・ショップの近くで食べます。

「ピロキシ」は、ロシアの食べ物で、ミンチ肉と、ごはん
を、混ぜたものを、小麦粉で包み込んで、油揚げに
します。一個 600Tgs(30円)です。

「ホーショール」は、ミンチ肉に、玉ねぎなど少し入れて、
小麦粉で包み、油揚げにします。一個700Tgs(35円)です。

「モンゴル茶」は、粗茶のに、家畜のミルクを入れて、味付けに
塩を入れます。一般的には、「チベット茶」です。一杯
400Tgs(20円)です。

温かい出来上がりは、とてもおいしいです。
昼食代は、1,700Tgs(85円)程度です。
日本と比較したら、「ただ同然」ですが、この出費も
ままならない人々は、自宅から、食品が入っていた容器に、
野菜スープなどを入れて、職場で食べています。

画像


画像


今日の朝は、行きつけの歯医者で、4本目の虫歯の
治療を、終了しました。
金額は、合計、200,000Tgs(1万円)でした。
日本のような、「歯科技工士」が、型を取って、準備する
方法や、歯医者に、X線撮影装置はありません。

3本目は、数日ではがれましたので、私が、「隣の銀歯は、
35年前に、日本で治療し現在も問題ありません」と、
40歳くらいの女性医師に、伝えました。

そしたら、急に、丁寧に治療をしてくれました。
彼女は、数日間、モンゴルで、日本人の歯医者から
講習を受けたそうです。

ちなみに、麻酔は、1本、25,000Tgs(1,200円)です。
患者やは、入れ替わりやってきて、「一本抜くのに、
金額はいくらか?」を、聞いてから、帰る人も多いのです。

麻酔なしの、抜歯は、1本、10,000Tgs(500円)で、手伝いの
おばちゃんが、「私がやってあげる。」

モンゴルの歯医者に来る人は、ほとんどが、抜歯です。
モンゴルの三柴治療は、主に、白いセメント(アパタイト)
を詰めるだけです。
日本の、「応急措置」と同じ方法ですが、ここでは、
それで、終わりです。

モンゴルの医者は、専門の学校で、何を学んでいるのか?
知りたいですねえ。

日本の歯科医とは、「大人と子ども」ほど、技術が違います。

念のため、モンゴルの国民保険は、公立病院に入院した、
「宿泊の割引」程度です。
診察や、薬、民間病院(眼科、皮膚科、歯科など含め)は、
「保険適用外」で、日本では、想像不可能です。

保険料の支払いでは、外国人は、モンゴル人の2倍です。

モンゴルが、先進国並みになるには、"Long way to go"です。




月別リンク

昼食&歯医者 がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる