がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS 水泳教室

<<   作成日時 : 2017/06/08 10:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2017.6.8.)

我が家の娘(9歳)が、水泳を始めました。

夏休みの、3ヶ月間、週3回、一回90分です。
料金は、一か月、130,000Tgs(約6,000円)です。
毎日泳ぐのは、240,000Tgsです。

一般の、モンゴルの家族には、少し、高価ですね。
子どもが一人であればいいが、3−4人の家族では、
とても、高価な出費になります。
水泳は、モンゴルでは、「金持ちのスポーツ」です。
ほかにも、2ヶ所ほど、私立であります。
公立は一ヶ所は廃止、運営は民間になっています。

日本では、小中高校、「全部の学校にプールがあり、
授業の一環で、無料で泳げる」は、モンゴル人には、
「夢物語」です。

だから、水着などを売っている店が少なく、用具をそろえる
のに、苦労しました。

こちらは、伝染病が多いので、大人は3種類、子どもは1種類
の、病院での検査合格が、申し込みの条件です。

ちなみに、大人は、週3回で、一ヶ月、180,000Tgsです。
温水のため、我が家の娘は、大喜びで、練習しています。

動画です。

この施設は、私立の学校の一部として、フィットネス、プール、
2階の体育館(日本の公立学校と同じ広さ)があります。


体育館だけは、学校の授業に使用しています。
運営会社は、建設会社になっています。
とても、立派な施設で、私は、初めて体験しました。
「特定の、金持ちだけの学校」です。
授業料は、小中学部で、年間、およそ、US$1,500,000.
高校で、US$1,800,000.です。

ちなみに、公務員の税込みの月給は、US$250--300. です。
貧富の格差が、大きいいですね。

水泳の、
場所は、インド大使館の隣で、国立芸術大学のすぐ、近くです。
「モンゴル・日本センター」と、国立大学の近くでもあります。

子どもと、大人のプール(25M).
画像


施設の遠景。
画像


近所の、「国立芸術大学」
画像


モンゴルは、現在、「一年で一番良い季節」です。
空気が乾燥して、気温が25度C前後です。
風が吹かない日は、快適ですね。

草原は、「枯草色」のままです。
まだ、降雨がないため、草原は、「冬色」です。
このままでは、家畜のえさの、草が不十分です。

どうなっているでしょうねえ?
通常は、この時期、「緑の草原」になっているはずですが。
私も、心配しています。


月別リンク

水泳教室 がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる