がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS 晴れ姿

<<   作成日時 : 2017/03/21 11:17  

トラックバック 0 / コメント 0

(2017.3.22.)


私の、晴れ姿です。


場所は、「スフバートル広場」で、ウランバートルの最大の、
中心的、公共広場です。 背後は、国会議事堂です。
「ジンギスカーン」の座った銅像も、入り口にあります。

広場の銅像は 中国から独立した功労者の、「スフバートル」
です。

モンゴルでは、人々は、昔の社会主義国家、現在の北朝鮮
の習慣の、「勲章や、功労賞」を、胸いっぱいの飾るのです。

30個前後を、胸につけている、「大将」もいます。
私のは、せいぜい、「小者」ですね。
この、晴れ姿で、クレムリンの広場も、歩いてみたいです。

子どもを、多く出産した女性も、国から、功労賞を授与されます。
街中では、多くの、勲章を胸に飾った人々が歩いています。

この写真の、私の胸の勲章は、市内で一番大きな市場の
駐車場で、ごみのような物を並べて、売っている場所で、10個を、
合計、約300円で買ったものです。何の勲章か、私には、
全然、わかりません。
私の胸には、
娘の。幼稚園の、「OOXX賞」も、手製の、ヨーグルトの、ふたを
利用したのも、あります。

遠くから、見れば、「胸いっぱいの勲章」だけしか、判明できません。

つぎはぎだらけの、ジーンズも、「花を添えて」います。
このズボンでは、街中で、「金をくれ」の人はいません。
安心して、歩けます。
私の、「保身」のためです。

モンゴルでは、「貧乏人」と、「死人」は、「二大忌避言葉」です。
これらの言葉を、最高に嫌うのです。

画像



画像



画像


モンゴルでは、日本の大相撲は、実況放送です。
とても、人気があります。
大相撲で活躍している、モンゴル力士の収入は、大統領の
数十倍以上ですから、子どもの、「憧れの的」です。

ちなみに、モンゴルの公務員の一か月の収入は、税込みで、
約25,000. -- 30,000円です。
ボーナス、退職金 は、ゼロです。

だから、日本は、モンゴル人にとって、「夢の国」なのです。

画像



数日前から、市供給の暖房は、夜中から早朝にかけて、「弱いが
供給している。場所が悪いアパートは、なし」です。

予定では、9月15日から、5月15日まで、24時間供給です。
多分、国家財政が、厳しいからでしょう。
我が家は、最近の、大型建物のアパートなので、外気が暖かくなった
最近では、暖房がなくとも、室内は、薄着でも、問題ありません。

ま、モンゴル人は、外国に働きに出かけないと、また、政府は、外国からの
援助がないと、「自立不可能」です。

勲章や、功労賞だけで、人々が、本当に
満足できますかねえ??
たしか、日本も70年前の戦争後までは、「勲章や、メダル」
流行しましたね。
能力のない政府が、人々を、懐柔する手段でしたね?
「良い時代」でしたか??
あの時代の再来は、嫌ですよ。

最近は、ずいぶん暖かくなりまhした。
日中の気温は、プラスが多くなりました。
結果は、毎日、「砂塵が吹き荒れる」です。
この首都の、砂塵は、「糞尿の嵐」なので、フードをかぶり、
マスクが必要です。 帰宅時は、丁寧な手洗いと、顔を洗い、
そして、うがいがかかせません。



月別リンク

晴れ姿 がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる