がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS 少ない仕事

<<   作成日時 : 2017/01/15 15:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2017.1.15.)


モンゴルでは、定職が少ないです。

写真は、白タクの車です。
我が、アパートの前には、朝7時ころから、夜中まで、白タク(
モンゴルでは、認められている)が、常時、客待ちをしています。

料金は、役所で決定していますので、「ぼったくり」は少ないです。

ただし、飛行場から乗る白タクには、注意が必要です。
乗る前に、料金を合意していても、走行中や、到着時には
外国人は、「特別料金」にはね上げるのです。

車所有者は、街に出て、白タクをします。
モンゴルでは、仕事が少ないからです。
私は、タクシーに乗るといは、降りるときには、常時、
運転手に、「ありがとう。少ないがチップを上げます。」
私は、アメリカで苦学生の時、夜のタクシー運転手を
して、大学を卒業できました。
多くの、人々に応援を頂き、今は、その時の、お礼をする
時です。

そして、小さな小売業が多いのです。
市場から、品物を仕入れて、家族で販売するのです。

モンゴルでは、この種の小規模小売店が多いのです。

まともな、若者は、外国に出て、働くのですが、国内に
いる人々は、生きるために、「なんでもする」以外に、
生活をする方法がありません。

観光ビザでも、研修ビザでも、留学ビザでも、「失跡して、
働いて、モンゴルに帰国後、車とアパートを買うことが
夢」なのです。

モンゴルでは、家族、一族皆の、合計収入で生計を
立てる」のです。

画像


私は、すっかり、モンゴルの「厳寒」になれました。
外出時は、「完全防寒対策服装」ですが、自宅では、短パンと
T-シャツでも、暑すぎるのです。





月別リンク

少ない仕事 がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる