がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS ひどいねえ

<<   作成日時 : 2016/11/09 20:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2016.11.09.)

まあ、これらは、ひどいねえ。

でも、モンゴルでは、「普通なこと」です。
我が家の近くの、団地の「配電盤」です。
扉が壊れ、ありません。
子どもでも触れば、感電死します。
危険状態放置は、モンゴルでは、「普通なこと」なのです。
配線のサイズを考えると、相当な高圧です。

画像


画像


我が家のアパート群にも、利用している変電器です。
以前は、カバーがありませんでしたが、手製の
カバーをつけています。
モンゴルでは、一般的な設備です。

画像


我が家がある、アパートの建物の
「共有部分」は、自分勝手に構造物を
作っています。
店舗の入り口に、住民の承認なしで、何でも
作るのです。
「規律を守る」は、ありません。
これらが、モンゴルでは「普通なこと」なのです。

画像


寒くなりました。
最高が、氷点下5−10度C, 最低が氷点下
20度Cほどです。
まだ、まだ、寒くなります。
降雪は。「根雪」で、春まで凍結します。
長い、冬の季節は、日照時間も短いです。

建設工事などは、「一時中止」です。
セメントは、凍結ると、春には、「砂のよう」
に、粉々になるのです。

工事従事者や、夏場の観光客のガイドなどは、
冬場は、「無職、無収入」ですが、
それでも、「毎日食べる」は止めるわけには
ゆきません、

北国の、モンゴルの人々の生活は、実に
厳しいです。
長い冬の季節に、仕事量が減少して、無職の
男女は、結局、「食べて、子どもを作る」になります。
結果は、学校には、子どもが溢れています。

我が家は、バヤンズルフ区(人口33万人)
の#16丁目です。

近くには#44学校、200M南には#53学校、

その北東400Mには#68学校、西には#14
学校の4つがあります。
各学校には、おおむね3,000.余名の、小学生、
中学生、高校生の、合計12,000.--13,000.名以上が
同じ、校舎、教室で勉強しています。

#44学校では、廊下も利用して勉強しています。
1年生は、11組で、各組には50人の児童です。
#44学校は、生徒数が3,400余名で、全生徒を
4つのグループに分けて、朝8時から夜8時半
まで、同じ教室で、勉強しています。
私どもの娘の#14学校は、新築中で、区内の
他の学校を間借りして、授業を受けています。
9歳の娘の授業は、午後4時から、夜の8時までです。

いやはや、モンゴルは、なにもかも、
「むちゃくちゃ」ですねえ。
でも、外国を知らないモンゴル人は、「この状態が、
当たり前。多分、他の国でも、同じだろう。」

上記4校にも
日本のODAで、校舎を寄贈していますが、子どもの増加
が、ずざましいのです。

さながら、「ねずみ算式」ですね。
「代数」でなく、「幾何学的」な増加率です。

老化が進行中の日本人には、
モンゴルの子どもの多さは、なんとも、うらやましい
限りですね。

でも、モンゴルでは、ひどい生活をしているのです。
生まれた後の、子どもたちの、生活環境が、
劣悪なのです。

生まれてくる、子どもたちは、
十分に食べることができればOKですが、
教室も、栄養のある食べ物も、住宅も、
病院も、「全然、足りない」のです。
生活環境が、最悪です。
冬には、70−80万人が、自宅で暖かい
シャワーを浴びることが出来ないのです。
暖房と調理に使う、ストーブで湯をつくり、
身体を拭くだけなのです。
その水も、遠くから、氷点下40度Cでも、人力で
自宅まで、運ぶのです。
「超、前近代」です。

さて、びっくりが、もう一つです。
アメリカの、大統領選挙の開票結果が、
なんと、部外者だった、ドナルド・トランプ氏が、
政治歴が長かった、女性の民主党候補の、クリントン
氏に、大差をつけて、当選しましたね。

アメリカの白人は、怒っているのです。
違法で、在留して、低賃金で働いている、
外国人が、白人の仕事を奪っているのです。
トップ1%の金持ちが、アメリカのGDPの20%
を占めているのが、「異常」なのです。
この前、家族でニューヨーク、ボストン、ワシントンDC
を旅行した際、若者が路上で、紙に「無職です。
仕事をください」と、書いたのを、通行者に、見せて
いたのを、思い出します。

近年は、
若者に、まともな仕事が無くなったのです。

選挙結果は、
報道関係の、事前予報は、確率「ゼロ状態」でした。
事前の、世論調査では、「政治歴30年のクリントン氏
の、勝利間違いなし」でしたが、なんと、なんと。

いや、はや、アメリカは、「悩める大国」ですねえ。

でも、私のように、中国に、5−6回も行ったことが
ある者は、アメリカの選挙が、世界中に、全世界に
生中継されて、「透明」なのを、

法律の上に、「共産党あり」の中国や、北朝鮮
の人々は、
何を感じ、思うのでしょうか?

「一党独裁」住民は、政治にかかわることが禁止」の
国の人々は、「奴隷状態」では???

中国の現状も、「ひどいねえ」です。


月別リンク

ひどいねえ がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる