がんばれモンゴル

アクセスカウンタ

zoom RSS 薪割

<<   作成日時 : 2016/10/30 01:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(2016.10.29.)

薪割の、風景です。

我が家の窓から、写真をとりました。
古い建物を解体して、再利用できない材木
を、薪にしている風景です。

画像


画像



大きな袋は、5,000Tgs(約250円)です。
モンゴルでは、建物に利用できない木材は、
燃料です。
ゲルの暖房は、最初は、薪でスタートして、ストーブ
が厚くなったら、石炭を燃やすのです。

地方では、夏に、乾燥した牛糞を拾って、冬の
燃料に使っています。
乾燥すれば、汚くありません。

インドでも、同じ方法ですね。

余談ですが、ケニヤの地方では、象の乾燥した
糞を、お茶にして飲むのです。
私も、飲みました。
美容にも、良いそうですから、アフリカで、ぜひ、試してください。

さて、ウランバートルですが、
今日、現在、風が吹いているので、ばい煙はありません。
窓の外の温度計は、最高が零下5−10度C,
早朝は、零下20度Cまで下がります。
寒くなりました。

本格的な、冬の到来です。
セメントを使う工事は、停止しています。
春に解凍したら、「砂のように、ぼろぼろ」になるのです。
だから、冬は、仕事が極端に少ないのです。

でも、人々は、毎日、食べなければならず、貧弱な
食事になるのです。
使徒とがあっても、ゲルの生活では、給料の半分が
暖房の、薪と石炭を買うのに消えるのです。

一般の、モンゴル人の生活は、とても厳しいです。

私ですか?
私は、元気で、優雅な生活をしていますので、
どうか、安心してください。
体験から学んだ、「世界中の料理」を作って、
楽しんでいます。

青春時代に、ストックホルムのレストランで働いた
経験が、今、役立っています。
何が役立つか、分かりませんね。
私の妻と娘は、珍しそうに食べるのです。

モンゴルの、一般家庭の食事、料理は、とても
貧弱なのです。
通年で、同じものを食べています。

月別リンク

薪割 がんばれモンゴル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる